日常英会話

観光客に道案内

今回のテーマは「道案内」です。

あなたが街を歩いていたら外国の方に話しかけられました。 早速その会話を覗いてみましょう。

会話

You are asked the way in English. (あなたは、英語で道を尋ねられます。)

Man : Excuse me, but I’m lost. I’d like to go back to the ABC Hotel. Where am I on this map? (すみませんが、道に迷ってしまいました。ABCホテルに戻りたいのですが。この地図のどこにいるのでしょうか?)

You : Let me see. We are now here. So go strait for two block and turn right. Turn left at the second light. And then keep going to the end. You’ll find it just in front of you. It’s next to the XYZ Bank. (ええと。私たちは今ここにいます。なので、2区画まっすぐに行って、右に曲がります。2つめの信号を左折します。それから、突き当たりまでまっすぐに行きます。そうすれば目の前にあります。XYZ銀行の隣です。)

Man : How long will it take from here? (ここからどのくらいかかりますか?)

You : Well it’ll take about 15 minutes. If you like, I’ll show you to that hotel. (だいたい15分くらいです。もしよろしかったら、そのホテルまでお連れします。)

Man : Thank you for being so kind. (ご親切にありがとうございます。)

You : It’s my pleasure. (どういたしまして。)

ワンポイント

be lost:道に迷う

go back to~:~に戻る

go strait for two block:2区画すすむ

turn right:右へ曲がる

at the second light:2つめの信号で

then:それから

just in front of~:ちょうど真ん前に

next to~:~の隣に

take:(時間が)かかる

show+人to~:人を~へ連れて行く

If you like:よろしければ

pleasure:喜び

つ・ぶ・や・き

知人のアメリカ人の小学生が日本に来たときに、こんなことを私に尋ねたことがありました。

「私たちはThank you. と言ったら、相手の人は必ずYou are welcome. というけれど、日本の人たちは、『ありがとう』と言っても、何も返事をしないのは何故?」と。

そう言われてみると、確かにあまり返事をすることが無いように感じます。

私たちも「どういたしまして」と言った方が良いような気がしてきました。

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

ホテルのフロントにクレームを言う前のページ

取りたい資格について話す次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP