英語文法

英語での「数の読み方」

今日は読者の方からいただいたリクエストにお応えすべく、英語での「数の読み方」について少しお話したいと思います。

数字恐怖症にならないために

読者の方からいただいた英語の悩みで、結構多かったのが「数の読み方がわかりません」というものでした。

・ 海外旅行で買い物をする時、金額を早口で言われると頭がパニックしちゃいます!

・ 桁が増えるともうお手上げ!どう読んでいいのか全然わからない!

・ 時間を聞かれても答え方に自信がなくて

・・・・・・などなど、数字に関しては皆さん、結構苦手意識が強いようです。

時と場合によっては、数字の聞き間違い/言い間違いは、大きな誤解を招く原因にもなりかねません。自信をもって対応出来るよう、今回はテーマ別に簡単に解説したいと思います。

これさえ覚えておけば安心!の T・M・B・T 

これは以前ネイティブの友人に教えてもらったのですが、数字を読む時にポイントとなるのがこのT, M,  B, T です。頭文字はそれぞれ下記の単位を表します。

T → Thousand (千)

M → Million   (百万)

B → Billion    (十億)

T → Trillion   (兆)

Trillion↓         ↓Thousand

   5,000,000,000, 000

   Billion ↑   ↑Million

(お使いのPC,スマフォの受信環境によってはレイアウトがずれて位置が変わってしまうかも知れません。)

ご覧のように、数字を英語で読むときはカンマの位置がとても大切なポイントになります。

右(桁の低い方)から順に、Thousand, Million, Billion, Trillion と読みます。

では、12,345 を英語で読んでみましょう。読み方を考える時の大まかな目安は、

1・カンマがいくつ、どこにあるかを確認。

2・カンマの前と後ろで数字を区切り、適切な単位でつなげて読む。の2つです。

それに従えば12,345 は、

1・カンマは千の位に1つなので、この場合使うのは thousand 1つです。

2・カンマの前は twelve, 後ろは three hundred and forty-five ですね。

なので、これらを1のステップで確認したthousand でつなげます。そうすると、

Twelve thousand three hundred (and) forty-five

となります。お分かりいただけましたか?次回はもう少し大きな桁の数字を読む練習をしたいと思います。

PHRASE OF THE WEEK

今週のフレーズは、

”Take your time.”(ごゆっくり/慌てなくていいよ/焦らないで)

(時間が)かかる、必要とする、という意味のtake。時間をかけてね= ゆっくりでいいから、という解釈になります。待たせてはいけないと焦っている相手に対して、サラッとこのフレーズが言えたらカッコいいですね。

A : I’ll be ready shortly. Sorry for the wait.(すぐに支度するから。待たせちゃってごめんね。)

B : Don’t worry. Take your time.(気にしないで。慌てなくていいから。)

お店で試着室に入る時などにも、“ごゆっくりどうぞ”というニュアンスで店員さんがよく使うこのフレーズ。日常シーンでも登場回数は結構あると思いますので、是非使ってみてくださいね。

新着英会話レッスン

PAGE TOP