日常英会話

クレジットカードを家に忘れた

今回のテーマは「クレジットカードを家に忘れた」です。

サリーと翔太がお金のことで話をしています。

早速その会話を覗いてみましょう。

会話

Sally and Shota are talking about money. (サリーと翔太がお金のことについて話をしています。)

Sally: What’s the matter, Shota? (どうかしたの、翔太?)

Shota: Oh, Sally. Can you believe this? It’s my mother’s birthday today. So, I need to buy a birthday gift. But I left my credit card at home. In addition, I have no money now. (ああ、サリー。こんなこと信じられる?今日は母の誕生日なんだ。だから、誕生日プレゼントを買う必要があるんだ。でも、家にクレジットカードを置いて来ちゃって。その上、今お金を持っていないんだ。)

Sally: That’s bad. So what are you going to do? (それはお気の毒に。それで、どうするの?)

Shota: I don’t know… Could you lend me some money? (わからない。僕に、いくらかお金を貸せる?)

Sally: Sorry, I have only small money. (ごめんなさい、小銭しか持っていないの。)

Shota: Well, I think I will call my brother and ask him to lend me money. (じゃあ、兄に電話をしてお金を貸してもらおうかな。)

Sally: That’s good. But is he near here? (それが良いわ。でも、お兄さんはこの近くにいるの?)

Shota: Yes, he works at the office close to this building. (うん、兄はこのビルの近くのオフィスで働いているんだ。)

ワンポイント

What’s the matter?:どうかしたの?

believe:信じる

So:だから

need to~:~する必要がある

left:leaveの過去形。leaveはここでは、「置き忘れる」の意味。

In addition,~:前文を受けて、「それに加えて、その上」の意味。

lend:貸す

call:電話をする

ask+人 to ~:人に~するように頼む

close to~:~の近くに

つ・ぶ・や・き

欧米では、小銭以外は持ち歩かない人が多いようです。

日本でも、普段の買い物でクレジットカードを使う人が増えていますが、クレジットカードに頼りすぎると、今回のようなことも起きかねませんね。

値切るとき等は、現金の方が有利な場合もあります。

現金とカードとを上手に使い分けるようにしたいものです。

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

近況を話す前のページ

医者に診てもらう次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP