英語表現

「色」のイメージ

「色」のイメージ

こんにちは。

最近寝不足気味ですが、みなさんはいかがお過ごしですか?

ハードスケジュールが続き、密かに「痩せるかな~」なんて淡い期待を抱いていたのですが、実は睡眠不足と疲労って「太る」原因になるらしいですね。

最近知った衝撃の事実に、かなり焦っております・・・みなさんも是非お気をつけくださいませ。

それでは気を取り直して、さっそく前回の答え合わせから始めたいと思います。

①When I heard the news, I saw ( red ).

その知らせを聞いて、ついカッとなった。

②You look a little ( blue )

なんか調子悪そうだよ。

③The children were as good as ( gold ) at the wedding.  

子供たちは結婚式でとても行儀がよかった。

④My boss gave me the ( green ) light on the project.

上司はそのプロジェクトにゴーサインを出した。

⑤We often ( brown ) bag our lunch to work to save money.

節約のため我々はよく会社に弁当を持参する。

⑥Don’t show the ( white ) feather no matter how hard it is.

どんなに困難でも弱音を吐くな。

⑦He was born with a ( silver ) spoon in his mouth.

彼は金持ちの生まれだ。

⑧I’m not so ( green ) as to believe that.

それを信じるほど私は世間知らずじゃない。

⑨The thieves were caught ( red )- handed.

泥棒たちは現行犯で捕まった。

⑩Once in a ( blue ) moon, my father cooks for everyone.

めったに無いが、僕の父はたまに皆に手料理を振舞うことがある。

何問正解でしたか?

特定の「色」がもつイメージ

日本語の「色」のイメージとはちょっと違うかもしれませんが、口になじむまで繰り返し練習して覚えるようにしましょう。

あえて難しい単語を知らなくても、こんな簡単にネイティブらしい表現がサラリと言えたらカッコイイですよね。

他にも、

white lie (罪のないウソ)

go black (意識を失う)

be born in the purple (王家に生まれる)

out of the blue (思いがけずに)

など、色を使ったフレーズはたくさんあるので、機会があれば是非一度辞書をゆっくり読んでみてください。

きっと新たな発見があると思いますよ!

PHRASE OF THE WEEK

今週は「色」にちなんだことわざをご紹介しますね。

The grass is always greener on the other side of the fence.

これはまさに日本語で言うところの「隣の芝生は青い」と同じ意味です。

他人の物が何でも良く見えてしまうのは万国共通ですね。

Emily: I wish I could live in a house like Sarah’s.
(サラのお宅みたいな家に住めたらいいのに~)

Lisa: Remember. The grass is always greener on the other side of the fence.
(覚えておいてよ。隣の芝生は青いってコト。)

それではまた次回お会いしましょう!

Talk to you later!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

欧米と日本でのゼスチャーの違い前のページ

単語を増やす次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP