日常英会話

電話応対2

前回の電話のフレーズはいかがでしたか?

前回ちょこっとお話した友人の名前についてですが、そう言えば、カナダ在住歴が長い友人の中には、名前を覚えてもらうために自分で勝手に改名している人が結構いたことを思い出しました(笑)

HIROSHI→HENRY (ひろし→ヘンリー)

RYO→ LEO  (りょう→レオ)

MITSUE→ MICHELLE (みつえ→ミッシェル)

などなど・・・。

もちろん日本の戸籍はそのままですが便宜上こうしているそうです。私なら自分がミッシェルなんて呼ばれたら絶対恥ずかしいだろうな~なんて思ってしまいますが、彼らにしたら毎回「えっ?何て名前?」と聞かれることの方が苦痛なんでしょうね。

みなさんの中でネイティブになかなか名前を覚えてもらえない・・・という人がいたら、こんな風に簡単なイングリッシュネームをご自分に命名してしまうのも1つのアイディアかもしれないですね。・・と、前置きはこのくらいにして、今回も引き続き電話上で役立つフレーズをご紹介しますね。

電話の調子が悪くて聞こえない時に使えるフレーズ

混線して雑音がすごいなど、相手の声がよく聞こえない時は、相手にその旨をハッキリ伝えましょう。無理に聞き取ろうとしても誤解を招くもとになってしまいますので気をつけてください。

I think we have a bad connection. Could you speak a little louder, please?(電話が遠いようですね。もう少し大きな声で話していただけますか?)

I think we got our lines crossed.(電話が混線しているようですね。)

I’m sorry you were cut off earlier.(先ほどは電話が切れてしまいすみませんでした。)

I called a few minutes ago, but I got cut off. (先ほど電話しましたが、切れてしまいました。)

電話応対で使えるその他の基本的なフレーズ

自分から電話をかける場合

Hello. This is Yamada calling. May I speak with Mr. Takagi, please?(もしもし。山田と申しますが、高木さんをお願い出来ますか?)

I’m sorry to be calling this late, but is Mr. Suzuki home?(夜分遅くにすみません。鈴木さんはご在宅でしょうか?)

I’m returning your call.(折り返しお電話させていただいています。)

I just heard you’d called earlier. What was the call regarding?(先ほどお電話をいただいたそうで・・どのようなご用件だったでしょうか?)

かかってきた電話に出る場合

This is Takagi speaking. / Yes, this is he.(高木は私ですが。) 高木さんが女性であれば This is she. となります。

Yes. Could you please hold? / Yes. Hold on a moment, please.(はい、少々お待ち下さい。)

He hasn’t been back yet. I can have him call you back, or can I take a message?(あいにくまだ戻っておりません。かけ直させましょうか?それとも伝言をいただいておきましょうか?)

Thank you for returning my call.(折り返しお電話ありがとうございます。)

Thanks for calling me back.(折り返しありがとう)

こちらの方がカジュアルな言い方になります。

相手が不在、手が離せないことを伝える場合

She is not in at the moment.(彼女は留守にしておりますが。)

He is not available right now. Would you like him to call you back, or would you like to leave a voice mail?(彼は今電話に出ることが出来ません。後ほどかけ直させましょうか?それとも留守番電話にメッセージを残されますか?)

She is tied up right now. Could she call you back later? (彼女は今手が離せません。後ほど彼女の方からかけ直してもよろしいですか?)

その他

The line is busy.(話し中です。)

I think you have the wrong number.(番号をお間違えのようです。)

My cell phone is dying. Can I call you back later?(携帯の電池が切れそうです。後でかけ直してもいいですか?)

I’ll put you through to Mr. Uchida.(内田におつなぎします。)

~につなぐという時、 transfer という動詞を使って、 I’ll transfer you. (おつなぎします。)と言うこともあります。

いかがでしたか?どのフレーズも、日常生活では非常によく使われるものばかりです。、堂々とそしてハッキリ話すことを心がけて、何度も練習してみてくださいね。

PHRASE OF THE WEEK

今週のフレーズは

Text me. ”(携帯にメールしてね。)

  こちらでも携帯メールが主流ですが、英語では Text me. と言います。

A : I have to go now. Text me later! (もう行かなきゃ。後で携帯にメールちょうだい!)

B : OK, I will. (ありがとう。メールするね。)

こんな風に使います。

短くてカンタンなフレーズなので、是非覚えて使ってみてくださいね。

携帯メールにちなんで、次回は少し北米流の携帯の打ち方についてお話しようと思います。日本とはかなり違う顔文字なんかもご紹介する予定です。

新着英会話レッスン

PAGE TOP