日常生活での英会話

服を買うときの表現

Hello!

こんにちは、事務局佐藤です。

さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪

今日のテーマは「服を買うときの表現」です。

海外で自分の服を選ぶ時、服のサイズが分からないことがあります。

自分のサイズに合った服が欲しい!

だけど、何て言うのでしょうか。

 

★会話★

Clerk: May I help you?

Sara: Yes. I’m looking for a skirt.

Clerk: What size do you take?

Sara: I’m not sure. A small size, I think.

Clerk: All our skirts are on the shelf by that mirror. Why don’t you choose a few styles and sizes?

Sara: Thank you. I’ll do that. Can I try them on?

Clerk: Sure.

Sara: Where is the fitting room?

Clerk: It’s just over there.

 

★ワンポイント★

be looking for~:~を探している

I’m not sure.:はっきり分かりません

Why don’t you~?:~しては如何ですか?

try on:試着する

fitting room:試着室

 

★訳文★

Clerk: May I help you? (店員:いらっしゃいませ。)

Sara: Yes. I’m looking for a skirt. (はい。スカートを探しているのですが。)

Clerk: What size do you take? (大きさはどれくらいですか?)

Sara: I’m not sure. A small size, I think. (はっきりは分かりません。Sサイズだと思うのですが。)

Clerk: All our skirts are on the shelf by that mirror. Why don’t you choose a few styles and sizes? (当店のスカートは鏡のそばの棚にあるだけです。 何着かデザインや大きさの違うものを選んでみてください。)

Sara: Thank you. I’ll do that. Can I try them on? (ありがとう。そうします。試着は出来ますか?)

Clerk: Sure. (もちろん出来ます。)

Sara: Where is the fitting room? (試着室はどこですか?)

Clerk: It’s just over there. (あちらです。)

 

★つ・ぶ・や・き★

海外で服を買うときは要注意です。

日本でのサイズ表記とのギャップに驚くことがあります。

日本のmedium(Mサイズ)と欧米の同サイズでは、大人と子どもくらいの違いがあることもしばしばです。

やはり、試着できるお店では試着して買うことをオススメします。

では、また次回お会い致しましょう。

See you then.

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

ホテルのチェックアウト前のページ

部屋の片付けをする次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP