英会話講座

自転車にぶつかりそうになる

さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪

今回のテーマは「自転車にぶつかりそうになる」です。

あなたが友人と歩いていたら、自転車にぶつかりそうになりました。

 

★会話★

You are walking with your friend. Then a bike ran close to you.

You: Oops! That was close.

Friend: Sure it was.

You: If I had been going slower, I would have been hit.

Friend: It ran too fast. Come to think of it, I have the same experience. Last month I almost got hit by a bike, too.

You: They should have been more careful.

Friend: Recently bike accidents are increasing.

You: So pedestrians have to be careful.

Friend: And when we ride a bike , we should mind our manners.

You: Right on!

 

★ワンポイント★

then:「そのとき」

close to~:「~とすれすれに」

Oops!:驚いたときに「わっ!」と言いたいときに使う。

Sure it was.:直前に言われたことに対して「確かにそうだった」と言う意味。

If I had been~:had+過去分詞で仮定法過去完了。 「もし私が~だったら」と過去の出来事を言うときに使う。

go slower:go slowで「のんびりやる」

would have+過去分詞:「~だっただろうに」で、実際にはそうではなかった時に使う。

be hit:hitは「ぶつかる」で、受け身形になっているので「ぶつけられる」。

Come to think of it,:「そういえば」

almost+動詞:「~しそうになる」

experience:「経験」

should have+過去分詞:「~すべきだったのに」で、実際にはそうではなかった。

bike accident:「自転車事故」

increase:「増える」

pedestrian:「歩行者」

mind one’s manners:「マナーに気をつける」

Right on:「その通り」「異議無し」

 

★和訳★

You are walking with your friend. Then a bike ran close to you. (あなたが友人と歩いています。そのとき、自転車がすれすれに走っていきました。)

You: Oops! That was close. (わ~!すれすれだった。)

Friend: Sure it was. (そうだね。)

You: If I had been going slower, I would have been hit. (動きがとろかったら、ぶつかっていたかもしれない。)

Friend: It ran too fast. Come to think of it, I have the same experience. Last month I almost got hit by a bike, too. (すごく速く走っていったよ。そういえば、私も同じ経験をした。先月、私も自転車にぶつかりそうになった。)

You: They should have been more careful. (もっと気をつけてくれなくては。)

Friend: Recently bike accidents are increasing. (最近自転車事故が増えているね。)

You: So pedestrians have to be careful. (だから、歩行者は気をつけなくちゃ。)

Friend: And when we ride a bike , we should mind our manners. (それから、自転車に乗るときは、マナーに気をつけるべきだね。)

You: Right on! (その通り!)

 

★つ・ぶ・や・き★

自転車のマナーが取りざたされています。

スピードを出して歩行者を蹴散らすように走り抜ける自転車も多いですね。

以前、交通事故防止の標語で「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」というのがありました。

急ぎたい気持ちは分かりますが、事故を起こしては元も子もないです。

気をつけましょう。

では、また次回お会い致しましょう。

See you then.

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

厚かましいお願いをする前のページ

本人が電話に出られないとき次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP