コミュニケーション

英語で学ぶ:ニュージーランドであいさつはキアオラ!

こんにちは。海外で初めて行くところは、どんな理由であれ緊張します。緊張の理由の1つが、言葉がわからない事でしょう。

相手が話す言葉の理解度や、自分が話す言葉の正確性など、悩むことばかりです。

ニュージーランドへの留学

旅行ならば最悪キャンセルすることもできますが、留学や引っ越しなどではそうはいきません。言葉を上達させて不安をなくすのが一番ですが、そう簡単にはうまくいきません。

このような時は、滞在する国の人々が普段言っている事、つまり「話し言葉」を知ることで、少し不安を解消する事ができます。

ニュージーランドへの留学が決定したダイスケが、少し不安そうにしています。ニュージーランドは日本から遠く離れ、文化や生活スタイルがうまくイメージできません。

そのような時は、ニュージーランド人に直接聞いてみるのが一番です。ダイスケとトンプソンさんの会話をみてみましょう。

会話

Mr. Thompson: Hi, Daisuke.  Are you ready for the studying abroad?

こんにちは、ダイスケ。留学の準備はできていますか?

Daisuke: Yes, I think I’m almost done for the belonging.  But I’m a little nervous.

はい、持ち物はほとんど終わっていると思います。でも少し緊張しています。

Mr. Thompson: Why do you feel so? 

どうしてそう感じるのですか?

Daisuke: I’m wondering whether I can get used to live in there. I understand English a little, but I don’t know well about New Zealanders.

そこに住むことに慣れるかどうかわからないのです。英語は少しわかりますが、ニュージーランド人をよく知りません。

Mr. Thompson: Then it is better to understand what usually New Zealanders do.

それならばニュージーランド人がいつも何をするか知るのがいいですよ。

Daisuke: That’s the hardest thing to know, Mr. Thompson.  I haven’t been there yet.

それを知るのは一番難しいですよ、トンプソンさん。僕はまだそこに行っていませんから。

Mr. Thompson: How about learning the greeting words in official language?

それならば、公用語であいさつ言葉を覚えるのはどうですか?

Daisuke: Don’t they use English?  I know “hello” already.

彼らは英語を使っているのではないのですか?「ハロー」ならもう知っていますよ。

Mr. Thompson: English is one of the official languages.  But Maori is also the official languages.  New Zealanders say “Kiā ora” as “hello”.

英語は公用語の1つです。でもマオリ語も公用語なのですよ。ニュージーランド人は「こんにちは」を「キアオラ」と言います。

Daisuke: I didn’t know that.  But it’s good to know.  Is there another word which they usually use?

それは知りませんでした。でも知る事ができて良かったです。他にも彼らがよく使う言葉はありますか?

Mr. Thompson: How about “Ka kite ano”?  It is “see you again”.  Those two words are well used in news programs.

「カキテアノ」はどうですか?「それではまた」です。これらの二つの言葉はニュース番組でよく使われます。

Daisuke: “Kiā ora” and “Ka kite ano”, I remember these two words before I go there.

「キアオラ」と「カキテアノ」ですね、行く前にこの二つの言葉を覚えます。

Mr. Thompson: I’m glad that I could help you.  If you find other worries, let me know.

助ける事が出来て良かったです。もし他に心配な事があったら教えてくださいね。

ダイスケはニュージーランド人が普段使うマウリ語を、トンプソンさんに教えてもらいました。

ポイント

会話で出てきた単語や言い回しを見てみましょう。

  • belonging 持ち物
  • nervous 緊張する、そわそわする
  • get used to ~ ~に慣れる
  • greeting あいさつ
  • official language 公用語
  • news program ニュース番組

ニュージーランドの公用語

マウリ語はニュージーランドの先住民族の言葉です。先住民族の言葉で日本人になじみがあるのは、ハワイで使われているハワイ語でしょう。

Aroha”は日本でも通じる言葉になっているくらいです。そしてハワイ語もハワイ州でも公用語に指定されています。

ニュージーランドはイギリス連邦の加盟国であり、公用語は英語でした。

この為マウリ語を話す人が少なくなり、忘れられた言葉になる事を回避しようと、1987年にマウリ語もニュージーランドの公用語に加わりました。

学校でもマウリ語の授業を組み込むなど、普及に力を入れています。

ニュース番組や普段のあいさつでも使われるマオリの言葉、まさにニュージーランド人の「話し言葉」です。

英語には関係ありませんが、滞在先での不安を和らげて充実した生活を送るために大切なことですね。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

英語で学ぶ:日本人の思い出の土地、アラスカ前のページ

先祖を表わすアメリカ人の名字次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP