日常英会話

英語で名前の正確なスペルを伝える方法

こんにちは。最近の世の中ではコンピューターやスマートフォンが活躍し、なかなか電話で予約をすることが少なくなりました。

しかし予約以外でも電話で自分の名前や会社名など、様々な名前を伝える機会はまだまだあります。

例文を使用する

日本人が名前の漢字を伝える時、例文を使って説明し確実に伝えます。

例えば「竹井明日香」さんが、自分の名前の漢字を伝える時は、竹取物語の「竹」に水が出る井戸の「井」で竹井、明日が香るで「明日香」です。

こう伝えるとたいていの人は「竹井明日香」と漢字が正確にわかります。間違っても「武井飛鳥」にはならないでしょう。

会話

では、英語の場合ではどうなるのでしょうか。電話での会話をみてみましょう。

Staff: Hello, this is restaurant ABC.  May I help you?

店員:こんにちは、ABCレストランです。ご用件をどうぞ?

Mr. Takei: Hello, I want to make a reservation for next Friday’s dinner.

こんにちは、次の金曜日の夕食の予約をしたいのですが。

Staff: How many people will come?

何人の人が来られますか?

Mr. Takei: Four adults.  Two women and two man, please.

大人が4人です。女性2人と男性2人でお願いします。

Staff: Yes, I still have seats for you.  On what time will you come?

大丈夫です、まだ席はあります。何時に来られますか?

Mr. Takei: 7 o’clock, please.

7時でお願いします。

Staff: Okay.  Then may I have your name and phone number?

了解しました。では、あなたのお名前と電話番号をお聞きしてもいいですか?

Mr. Takei: My name is Shou Takei, and my number is 06********.

私の名前は竹井ショウで、電話番号が06********です。

Staff: May I check your name spell?  “SHOW” as “S” for Spain, “H” for Hong Kong, “O” for Oslo and “W” for Washington?

お名前のスペルを確認してもよろしいでしょうか?「ショウ」はスペインの「S」、香港の「H」、オスロ―の「O」にワシントンの「W」ですか?

Mr. Takei: The first three letters are correct but “W” is “U” as “Union”.

始めの3文字は大丈夫ですが、「W」はユニオンの「U」です。

Staff: Okay, S, H, O and “U” for “Union”.

わかりました。S、H、Oとユニオンの「U」ですね。

Mr. Takei: That’s correct.

その通りです。

Staff: Then “TAKEY” as “T” for Turkey, “A” for America, “K” for Korea, “E” for England, and “Y” for Yellow?

では、タケイはトルコの「T」、アメリカの「A」、韓国の「K」、イギリスの「E」と黄色の「Y」ですか?

Mr. Takei: Well, the first four letters are correct but the last “Y” is “I” as India.

そうですね、始めの4つの文字は正しいのですが、「W」はインドの「I」です。

Staff: Okay, T, A, K, E and “I” for India.

わかりました、T、A、K、EとインドのIですね。

Mr. Takei: That’s right.

そうです。

Staff: I’ve got your reservation.  We will wait for your coming.

予約を承りました。ご来店をお待ちしております。

Mr. Takei: Thank you very much.

ありがとうございます。

ローマ字でも有名な地名や誰でも知っている名称を使って、スペリングの確認を行っていました。

では、ここで一般的なローマ字の例文をみてみましょう。

A America J Japan S Spain
B Brazil K Korea T Turkey
C China L London U Union
D Denmark M Mexico V Victoria
E England N New York W Washington
F France O Oslo X X-ray
G Germany P Paris Y Yellow
H Hong Kong Q Quebec Z Zebra
I India R Rome    

今回はお店の予約を電話で行うという会話でした。

ネット経由だと時間がかかる、またはネット予約行っていないレストランなどでは、電話の予約が当たり前となります。

また、ヨーロッパでは日本の夕飯での外食と違い、ほとんどの場合がセミフォーマルの格好をして、料理と会話を楽しむエンターテイメントの一種です。

その為予約を入れると、予約してある席には「○○様」と歓迎の予約カードが置かれています。

「外食」に対する考え方の違いがあるので、間違ってもジーンズなどでは行かないよう気を付けましょう。

飛行機チケットは必ず確認

名前のスペリングが間違っていて、本当に困るのは飛行機の国外線のチケットです。

今いる国から出国する際には、必ずパスポートの提示を空港で行います。その時、1文字でも間違っていたら確実に飛行機に乗れません。どう頑張っても、テロ対策や国家間の渡航状況の確認などで乗れないのです。

今の時代はネットで予約を行うことがほとんどでしょうが、自分の名前が必ず自分のパスポートに表記されているローマ字表記と同じであることを、確認しましょう。

名前は自分を示すアイデンティティですので、いつでも誰にでも伝えられるようにするととても便利ですよ。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

日本のカレーはイギリス式前のページ

アメリカ人新婦が必要な4つのもの次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP