独学で英語の勉強/英会話教室S1

コミュニケーション

英語でおごるってどう言うの?

こんにちは。友人とバーに出かけたり食事をしたりすると、おごりたくなったり、おごられたりするでしょう。しかし「おごる」とはお金がからむ問題で、好まない人もいます。

しかしどうしてもおごりたい時、英語でどのように伝えればいいのでしょうか。

スマートにおごると言う

さて、お金を払うといえば、”pay”がでてきます。”pay”を使っておごるというのもありです。

 I’ll pay. 

私が払います

この言い方も通じますが、しかしこういう言い方は外国人が使うと、英語に通じている印象は相手に受けてもらえません。

では、どのような言い方があるのでしょうか。簡単な例文をみていましょう。

payを使わないでおごるという

Kei: What is good in here?

ここは何が美味しいの?

Brian: My recommend is Vongole Bianco.  Seafood is excellent in here.  I order that spaghetti and clam chowder, too.

僕のおすすめはボンゴレビアンコかな。ここは魚介類が最高だよ。僕はそのスパゲッティとクラムチャウダーを頼むよ。

Kei: I order it and bouillabaisse, too.  Also, I’ll treat you to this lunch.

僕もそのスパゲッティとブイヤベースを頼むよ。あとこのランチは僕がおごるね。

Brian: You don’t have to pay for mine.

僕の分まで払う事ないよ。

Kei: This is my thanks to you.  Because you always tell me what I don’t know.

僕からの感謝だよ。ブライアンはいつも僕がわからないことを教えてくれるから。

Brian: Thank you, Kei.  But for the next time, let’s go Dutch.

ありがとうケイ。でも次は割り勘にしようね。

会話でも出てきた通り、おごるは”treat 人 to ○○”で、「○○を人におごる」と言います。

そして大事なのはおごる理由を必ず話すことです。欧米人は理解できないことには、理由を必ずと言っていいほど求めてきます。その為おごるつもりでいるならば、なんとなくではなく、必ず理由を説明しましょう。

相手が納得してくれると気持ちよく食事もできますね。

この会話では「おごる」を”treat”を利用していましたが、他の言い方もあります。

  • This is on me 
  • I blow you to lunch
  • I spring for lunch 

 ※最後の例文は口語になるので、注意しましょう。

例文であえて”treat”を使ったのは、この単語には「もてなす」という意味として使われることもあるからです。もてなす気持ちでおごると言えば相手にも通じやすくなるでしょう。

オランダ人は割り勘

さて「おごる」といっているのに、「割り勘」にしようと言われることもあります。そう、会話でブライアンがいっていますね。

  • Let’s go Dutch 割り勘にしよう
  • Dutch treat 割り勘

これは自分がおごられる立場になった時にも使えるので、覚えておいて損はありません。

しかし割り勘がなぜ”Dutch”オランダ人なのでしょうか。

これはオランダ人のステレオタイプから生まれた言葉です。オランダ人はケチというイメージがあり、また大航海時代にイギリスが制海権をオランダと争った時に誕生しました。

イギリス人にとってはオランダが憎く、オランダ=悪い、というイメージが誕生したのです。

この他にもDutchを使った悪い意味のフレーズはたくさんあります。しかし差別に感じられることもあるので、割り勘にするときは”Let’s split the bill”という言い方が無難でしょう。

海外では日本よりも人種差別にとても敏感です。例では少し悪い言い方を使ってみました。

まとめ

海外で暮らしていると、現地でとても親しい友人を作ることは難しいです。言葉の壁が一番ですが、文化の壁もあります。

それらの壁を乗り越えられる友人ができたとき、ぜひおごるなどして友情を深めてみるのはいかがでしょうか。

それではまた、See you!

英会話S1

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで、中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 高校・中学英語をやり直したい
  • 高校・中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、読むだけでストレス無く高校・中学英語をマスターできるようメルマガにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法!
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと

無料メールマガジン

 独学で英語の勉強/英会話教室S1アメリカで安く運転免許取得前のページ

名探偵はアメリカから始まった次のページ 独学で英語の勉強/英会話教室S1

関連記事

  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    欧米の親睦会はパーティ

    こんにちは。日本人は親睦を深める為に、飲み会を開催します。歓迎会、…

  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    味や食感を英語で説明する方法

    食事について「どうだった?」と聞かれた時、英語で上手に受け答えができ…

  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    ニックネームも公的了承なアメリカ

    こんにちは。友人と仲良くなると互いの呼び方も変化します。苗字から名前…

  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    イギリスのホームパーティと手土産

    こんにちは。パーティは素敵なものです。ホテルで行うものや、会社で行うも…

  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    英語でケンカをしてみる

    こんにちは。どの国に産まれても、友人とケンカをして仲直りをし、親友がで…

  6.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    コミュニケーション

    英語での言い合いとケンカ

    こんにちは。アメリカ人の基本的な性格は、自分の意見をしっかり言うことで…

新着英会話レッスン

  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    英語で学ぶ:ニュージーランドの羊の毛刈り競争
  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    日常生活での英会話

    ダイエットについて話す
  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    日常英会話

    これからの予定を言う
  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    旅行英会話

    公衆電話を見つけるのは大変
  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    日常英会話

    家で英語を話してみよう!日常に英語を取り込むには
PAGE TOP