海外生活情報

欧米のクリスマスは日本のお正月

こんにちは。クリスマスと言えば子供にとっては、サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれる楽しいイベントです。

大人にとっても、恋人や親しい友人、家族と美味しいお料理を食べプレゼントを交換しあうなど、やはり楽しいイベントです。

クリスマスは恋人か家族か

日本人にとってはこのような楽しいイベントも、キリスト教を信仰する人々にとっては、イエス・キリストの誕生を祝う、大切な宗教行事の1つです。

親しい家族で集まり、自宅でゆっくりと過ごします。

あまり宗教に密着しない日本では、お店やレストランも大繁盛する商業的な意味合いが強いです。

しかしキリスト教がたくさんいる国、つまり欧米ではあくまでも全員が休みをとって、クリスマス・イブから大切に過ごす日々となっています。

このため、根本的な考え方が日本人とキリスト教の欧米人は違います。

会話

12月に入って、ブライアンとケイが冬休みの過ごし方を話あっています。会話をみてみましょう。

Brian: Do you go back to Japan in this winter vacation, Kei?

あなたはこの冬休みに日本に戻りますか、ケイ?

Kei: I will be staying here. It is better to go back to Japan and report my life in here, but I can’t stay longer in the New Year time.

ここに残るよ。日本に戻って僕のここでの生活を報告することはいいことだけど、新年の間は長い間いることができないんだ。

Brian: What’s wrong with that?  You can spend enough time in Christmas.

それのどこがいけないの?クリスマスに十分過ごす時間があるじゃない。

Kei: That’s the difference between the U.S. and Japan.  The New Year time is important event in Japan, compared to Christmas.

それはアメリカと日本の違いだよね。クリスマスと比べて、新年の時間は日本にとって大切な行事なんだ。

Brian: I thought that many Japanese spend Christmas time happily. 

たくさんの日本人がクリスマスを楽しく過ごすもんだと思っていたよ。

Kei: The meaning of happily is different.  In Japan, we spend Christmas like a festival.

楽しみの意味合いが違うよ。日本ではクリスマスはお祭りのようにして過ごすんだ。

Not every family member spends Christmas time in the same place.  But we spend the same time in the New Year time. 

家族全員がクリスマスを同じ場所で過ごすわけではないんだよ。でも新年の間はみんなで一緒に過ごすよ。

Brian: That’s different form here.  We celebrate the New Year eve, but we do not care so much about the New Year.

それは違うね。大晦日はお祝いするけれど、新年はそこまで気にしないかな。

Kei: Maybe it connects to the religious difference, but Japanese think the New Year is one of the most special event. 

たぶん宗教的な違いが関係しているかな、でも日本人は、新年は最も大事な行事の1つとして考えているよ。

So I want to stay in Japan longer in the New Year time, but the school starts from January 3rd.  That means I have to leave Japan in January 1st

だから新年の間は日本に長く過ごしたいけど、学校は1月3日から始まるでしょ。それは1月1日に日本を出発しなくちゃならないんだ。

It doesn’t make any sense for me to go back to Japan in this winter vacation.

この冬休みに日本に帰る事は何の意味もないんだよ。

Brian: The vacation time is difficult when we think about the all religions.

全ての宗教について考えると、お休みの期間は難しいね。

アメリカの冬休みが終わるのはとても速いため、正月を大切に過ごす日本人にとってはなかなかゆっくり休めないようです。

ポイント

会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • What’s wrong with that? それのどこがいけないの?
  • New Year eve 大晦日
  • It doesn’t make any sense 何の意味もない

違う宗教でも尊重する気持ち

宗教の違いは、お休み期間にも影響を与えます。

冬休みではクリスマスに重点をおく宗教、お正月に重点をおく宗教、さらには1月末から2月にある旧正月を大事にする宗教もあります。

国教として国が宗教を定めている国では、休暇時期もそれに従います。

しかしアメリカのような多くの民族がくらす国で、私立でない限り、休暇の時期を決めるのは難しいです。

ですがここは、「朱に交われば赤くなる」ではなく、今までの自分を大事に過ごすことが大事です。

そして大事にしたうえで新しい考え方に触れ、お互いを尊重しあう気持ちが、宗教が違っても仲良くなる秘けつではないでしょうか。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP