ブログ

傘をささないイギリス人

こんにちは。日本では6月に入ると雨の天気が増え、梅雨の時期になります。しとしと降る雨の中、様々な色と模様の傘が日本を彩ります。

そして雨は世界中のどこでもふります。日本のように、傘が薄暗い景色を鮮やかに飾るのでしょうか。

雨でも傘はささない

曇天の天気で有名といえば、もちろんイギリスです。曇っており小雨が降る天気が多いです。まさに日本の梅雨のようですが、湿度は少ないので体に感じる不快感は違います。

日本のように傘で華やかかと考えられますが、ガイドブックで書かれるイギリスのうたい文句には、傘の「か」の字もでてきません。どういうことなのでしょうか。

佐藤さんとミルズさんの会話をみてみましょう。

会話

Mrs. Milles: You are coming in London so many times.  Did London of your image change a bit?

何度もロンドンに来ていますよね。あなたのイメージのロンドンは少し変わりましたか?

Mr. Sato: London is not so different from what I was imagined, in good way.  But there is one thing that I can’t understand.

ロンドンは私が想像していたものとあまり変わりませんよ、いい意味で。でも1つ理解できないことがあるのです。

Mrs. Milles: What is it?  I may answer your question.

それはなんでしょう。その疑問に答えられるかもしれません。

Mr. Sato: Why people who live in London don’t use umbrella in rainy day?

なぜロンドンに住んでいる人々は雨の日に傘をささないのでしょうか?

Mrs. Milles: Why that makes you wonder?  Do Japanese use it rainy day?

どうしてそれが謎になるのでしょうか?日本人は雨の日に傘を使うのですか?

Mr. Sato: Yes, most of Japanese use umbrella.  We have many colors and designs of it.  In rainy season, streets become colorful with umbrellas.

はい、ほとんどの日本人が傘を使います。傘の色やデザインもたくさんあります。梅雨時期、道は傘でカラフルになりますよ。

Mrs. Milles: In London, we don’t have heavy rain.  We don’t get wet so much.  For me, it is annoying to put up an umbrella.

ロンドンでは豪雨はそんなにありません。私達はそこまでぬれないのですよ。私にとっては傘をさすには面倒くさいですね。

Mr. Sato: The way of thinking is different from Japanese.

考え方が日本人と違うのですね。

Mrs. Milles: But there are many types of nylon jackets and we use them in here.  Nylon jacket is water-repellent jacket.

でもたくさんの種類のナイロンジャケットがあって、ここではそれらを使っています。ナイロンジャケットは防水ジャケットなのですよ。

Mr. Sato: The difference was the method, how to not get wet!  Now, my problem is resolved, thank you!

方法は違えど、濡れないわけですね!今問題が解決しました、ありがとうございます!

ポイント

会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • in good way いい意味で
  • rainy season 梅雨
  • heavy rain 大雨、豪雨
  • annoying 面倒くさい、じれったい
  • put up an umbrella 傘をさす
  • water-repellent 防水

イギリスでは傘ではなく、防水仕様のナイロンジャケットが活躍しています。

傘のように、建物の出入りのたびにさす必要もなく、ロンドンをはじめイギリスやヨーロッパで大活躍しています。

そしてこのナイロンジャケット、発症はなんとスコットランドなのです。

スコットランドうまれの防水布

ナイロンジャケットを発明したのはスコットランド人の科学者、チャールズ・マッキントッシュです。

19世紀の始めに当時のガス灯の廃棄物であった、タールやナフサが天然ゴムを溶かすことに注目し、防水布を発明しました。

この布の発明で、警察や軍隊がコート類を注文して世界中に広まっていきました。

始めはとてもゴム臭く、水にぬれるとベトベトして今から考えると粗悪品ともいえる品物でした。しかし技術も向上し、現在では不快感など全くない、とてもよい製品です。

また、マッキントッシュはスコットランドのアウターブランドでもあり、防水布を発明した技術をいかし、レインコートをメインとして販売しています。

そのレインコートの材料は、織物の裏にゴムをはりさらに綿布ではり合わせたもので、マッキントッシュ・クロスともいいます。

まとめ

マッキントッシュは経営不振におちいり、2007年に日本の衣料メーカが買収しました。けれどもその名は残り、今でもマッキントッシュの防水コートは、世界中から愛されています。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

無料メールマガジン

中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 中学校の英語をやり直したい
  • 中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても忘れた英語では、何から始めればいいか分かりません。
そんな方のために、読むだけでストレス無く中学英語をマスターできるようにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法。
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと!

英語で学ぶ:日本人が好きなハワイ料理前のページ

英語で学ぶ:オーストラリアのクリスマスケーキ次のページ

新着英会話レッスン

PAGE TOP