グルメ・食文化

イギリスの伝統的なジャム

こんにちは。日本で、パンに塗るジャムで一番有名なのは、イチゴジャムではないでしょうか。

子供から大人まで誰もが大好きなジャムですが、果実を煮込んでつくるジャムはイチゴの他にも沢山あります。

イギリスはマーマレード

ジャム作りの中でも、イギリスでは伝統的なジャムがあります。それがオレンジから作られるマーマレードジャムです。

イギリスで昔から人気の、パディントンやシャーロックホームズの大好物であることから、とても有名で、かつ人気がある事がわかります。

会話

ロンドンで暮らしているエマとおばあちゃんが話をしています。

マーマレードはイギリス人にとって伝統の味であり、各家庭で作られています。しかし、今回エマの家で作られているマーマレードは、いつもと違うようです。

どこが違うのでしょうか。会話をみてみましょう。

Emma: It smells nice.  What are you cooking nanny?

いい匂いがするね。何を作っているの、おばあちゃん?

Grandmother: I’m making Marmalade.  Now I’m boiling oranges and lemons.

おばあちゃん:マーマレードを作っているのよ。今、オレンジとレモンを茹でているわ。

Emma: Can I see the inside?

中見てもいい?

Grandmother: Sure.  Go take the step stand.  It’s very hot, be careful.

もちろん。踏み台を取ってきて。とても熱いから気を付けてね。

Emma: Wow, it is bright yellow.  May I lick it?

うわぁ、真っ黄色。なめてもいい?

Grandmother: Yes you may, but it’s still sour.  I haven’t put in sugars yet.

いいけれど、まだ酸っぱいよ。砂糖をまだ入れていないから。

Emma: Then, I wait a little more.

それならば、もう少し待つよ。

Grandmother: Normally, we make marmalade in January.  Many Seville Oranges come out in the shops. 

普通なら、マーマレードは1月に作るの。沢山のセビリヤ・オレンジがお店に出るのよ。

The traditional marmalade is made from Seville Oranges. 

伝統的なマーマレードはセビリヤ・オレンジから作られるのよ。

Emma: If that is so, then why are you making now.  It is summer now.

それなら、どうして今作っているの?今は夏よ。

Grandmother: Because your grandpa wants to eat.  Your mam ate all of the stocks, when she was pregnant. 

おじいちゃんが食べたがっているから。あなたのママが妊娠している時に、全部の在庫を食べてしまったの。

There is no Seville Oranges now, so I am using other oranges.

今はセビリヤ・オレンジがないから、別のオレンジで作っているわ。

Emma: I see.  Let me help you.  What should I do?

わかったわ。私にもお手伝いさせて。何をすればいい?

Grandmother: Thank you.  Then, please pass me the granulated sugar. 

ありがとう。それなら、グラニュー糖をくれるかしら。

Emma: Okay, I bring it immediately.

了解、すぐに持ってくるね。

今回作っているマーマレードは伝統的なものではなく、一般的なオレンジで作るものでした。

ポイント

では、会話で出てきた言い回しや単語をみてみましょう。

  • It smells nice いい匂いがする
  • bright yellow 真っ黄色、山吹色
  • lick なめる
  • sour すっぱい
  • Seville Oranges セビリヤ・オレンジ

スペインのセビリヤ地方で取れるオレンジ。とても苦く、基本的には食用ではない。

  • traditional 伝統的な
  • Let me help you 私にも手伝わせて
  • granulated sugar グラニュー糖
  • immediately すぐに

伝統はセビリヤ・オレンジ

マーマレードの始まりは、18世紀始めごろです。スコットランドの商人が、誤って船いっぱいにセビリヤ・オレンジを買ってしまいました。

試しに砂糖漬けにして販売したらとても人気が出た、というところからマーマレードが始まったといわれています。

販売が進む中で、様々な工夫がなされ、現在の種や不純物の含まないマーマレードの形になったのは、18世紀の終わりごろです。

減っていく伝統の味

昔からイギリスの朝ご飯は、紅茶にマーマレードのトーストがお決まりでした。

しかし現在では、紅茶よりもコーヒーを好む人が増え、それに伴いマーマレードが食卓に並ぶことが、少なくなっているようです。

日本でもマーマレードは購入できますし、もちろん作れます。しかし日本でセビリヤ・オレンジを購入することは難しいです。

イギリスに行くことがあった時、ぜひセビリヤ・オレンジで作られたマーマレードのトーストを食べ、舌でもイギリスの伝統を味わってみて下さい。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP