グルメ・食文化

パイはアメリカ人の象徴

こんにちは。アメリカ人が好きなお菓子といえば、チョコレートチップクッキーやパイがあげられるのではないでしょうか。どちらも美味しく、世界中でもとても愛されているお菓子ですね。

今回はパイについて考えてみたいと思います。

パイといったらどんなパイ?

アメリカでパイといったらたいてい「チェリー・パイ」、「アップル・パイ」と「パンプキン・パイ」が、まずあげられるのではないでしょうか。こ

れらはアメリカ人が大好きなパイですが、それ以外にも”American Pie”といったら「アメリカらしい」という意味があります。ことわざでは

As American as apple pie

きわめてアメリカ的な

というものも、あるぐらいです。

代表的な例でいえば1971年に Don McLean、ドン・マックリーンがリリースした”American Pie”という曲です。

3人の音楽家、”Ritchie Valens”「リッチ―・ヴァレンス」、”Buddy Holly”「バディ・ホリー」、”Big Bopper”「ビッグ・ホッパー」が乗った飛行機が墜落したことを悲しみ、そしてその後の音楽家についても歌ったとても有名な曲です。

またこの曲は2000年にマドンナがカバーして再度世界中で有名になりました。

American Pieの歌詞(一部)

では、この American Pie の曲の一部をみてみましょう。

But February made me shiver

だけど2月の寒さに僕は打ち震えた

With every paper I’d deliver

新聞を配達した時

Bad news on the doorstep

玄関先の訃報が

I couldn’t take one more step

僕を一歩も動かせなくしてしまった

I can’t remember if I cried when I read about his widowed bride

未亡人となってしまった花嫁の記事を読んだとき 泣いたかどうかなんて覚えていない

But something touched me deep inside

だけど何かが心の奥深くに触れたんだ

The day the music died

その日音楽は死んだ

So bye, bye, Miss American Pie

だからさよなら ミス・アメリカン・パイ

Drove my Chevy to the levee but the levee was dry

土手までシボレーを走らせたけど そこはもうつまらない場所だった

And them good ole boys were drinking whiskey’n rye

古き良き青年たちがウィスキーにライを飲んでいた

Singin’ this’ll be the day that I die

「今日 俺が死ぬ日になるだろう」と歌いながら

This’ll be the day that I die

「今日 俺が死ぬ日になるだろう」

音楽で時代の変化を伝える曲

ドン・マクリーンは少年の頃新聞配達をしており、その新聞にて音楽家の死を知ったことが歌詞になっていますが、いかに少年の心を引き裂いたかがわかります。

また、第二節では亡くなった一人のミュージシャンの妻が妊娠していたことも伝えており、さらに「音楽が死んだ日」とは、この飛行機事故が起きた1959年2月3日を指しています。

「さよならミス・アメリカン・パイ」とは音楽家を乗せた飛行機を指しており、お酒を飲んで故人を偲ぶこともアメリカらしい追悼の仕方です。

またこの歌詞は丁寧に韻を踏んでいます。

第一節の shiver、deliver doorstep、step

第二節の bride、inside、died

そして第三節の Pie、dry、rye、die、die

世界で多くの人間に愛されたこの歌の歌詞は、2015年に18ページにもわたる歌詞のオリジナル原稿が、ニューヨークの競売にて120万ドル(約1億4,400万円)で落札されています。

歌詞を競売に出した理由としてドン・マクリーンは、20世紀後半でのアメリカの激変を、歌詞を通しつつさらに戒めも含めて触れてほしいと思ったからと、インタビューで答えています。

アメリカを示すのに”American Pie”を使用していることから、いかにアメリカ人がパイと一緒に生きてきたかがわかります。

アメリカ人はどんなパイが好き?

さて、多くのアメリカ人に

What is your favorite pie? 

あなたの一番好きなパイは何?

と聞くと、たいてい

An apple pie. 

アップル・パイ

という答えが帰ってきます。

でも「チェリー・パイ」じゃないの?と思う人が多いのではないでしょうか。

アメリカでカフェや洋菓子店に行くと、必ずと言っていいほどチェリー・パイが置いてあります。

そのため「多くのアメリカ人が好んで食べる」と思ってしまいがちですが、実は現代のアメリカ人にとって「チェリー・パイはおばあちゃんちのお菓子」という認識なのです。

やはりアメリカ人の好きなパイは「アップル・パイ」が正しい答えのようです。しかしアメリカの歴史と共に受け継がれたおばあちゃんのチェリー・パイは、まさにアメリカの味。いつか食べてみたいものですね。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP