旅行英会話

イギリスの出入国審査

こんにちは。留学や仕事で海外へ旅行する際に必要なのが、出入国審査カードです。

このカードは自分がどのような人間で、どのような目的で渡航し、そしてどこに滞在するかを示す、自分を証明するための大切なカードになります。

渡航の目的を話す

出入国カードは英語で、Embarkation & Disembarkation Card といいます。基本的に国から国をまたぐときは、このカードをイミグレーションで提出しなくてはいけません。

しかしヨーロッパのシェンゲン協定国内を移動する時は必要なくなります。ですが、始めてシェンゲン協定国に入国し、そして出国する時には必要です。

また、カードの提出だけでなく、イミグレーションで口頭での質問もあります。英語が苦手な人にとってはとても緊張する瞬間です。

EUとシェンゲン協定

佐藤さんはEU国内の移動で、始めて知った事がありました。それはいったい?

会話

仕事でイギリスとフランスに来た佐藤さんのイミグレーションでの会話をみてみましょう。

Immigration officer: Next person, please.

入国審査官:次の人どうぞ。

Sato: Hello.

こんにちは。

Immigration officer: What brought you here?

滞在目的はなんですか?

Sato: This is a business trip.  I have some business partner in London.

これは出張です。ロンドンにいくつかの取引先がいます。

Immigration officer: How long are you staying?

どれくらい滞在しますか?

Sato: I am staying here for 4 days.  Then I will move to Paris.

ここには4日間います。それからパリに移動します。

Immigration officer: I bet that you know, but you need the E/D card before departing UK.

知っているだろうけど、イギリスを出国するときにE/Dカードが必要になります。

Sato: Really?  I thought immigration control is not necessary when we are traveling EU countries.

本当に?EU諸国内を旅するときは、出入国管理は必要ではないと思っていました。

Immigration officer: That is under the Schengen Agreement countries.  UK is not under this agreement.

それはシェンゲン協定国内のみです。イギリスはこの協定には入っていません。

Sato: That information is new to me.  Thank you for telling me.

その情報は初めて聞きました。教えてくれてありがとうございます。

Immigration officer: You may go.

行っていいです。

 佐藤さんは、EUとシェンゲン協定の関係を始めて知ったようです。

ポイント

では、会話ででてきた言い回しと単語をみてみましょう。

  • Immigration officer 入国審査官 
  • What brought you here?  滞在目的はなんですか?
  • business trip 出張
  • business partner 取引先企業
  • Schengen Agreement シェンゲン協定
  • You may go 行っていいです

Embarkation & Disembarkation 

出入国

単語ごとに調べると、Embarkation は乗船や搭乗を意味し、Disembarkation は陸揚げや上陸、下船を意味します。

飛行機の移動が主となる前、船での移動が主だった時に使われていた言葉が、そのまま使われています。

またこの Embarkation & Disembarkation card は略してE/D card とも呼ばれます。会話でも入国審査官が言っていましたね。

immigration control 

出入国管理

この他にも、Passport control 出入国審査という言い方もあります。

イギリス⇔EU間はパスポートが必要

EU国内で移動するときは、パスポートによる出入国管理がない、というのは実は正確ではありません。

EUは欧州連合であり、1992年に欧州連合条約が調印された翌年、1993年に発足されました。

しかしシェンゲン協定とは景気効果を求めて、人、商品、サービスの移動を自由にするとして、1985年に調印されました。

残念ながら、この協定の中にイギリスは含まれていません。このため同EU内でも移動するときに、パスポートが必要となります。

入国審査時の応答

会話の中では入国審査官が、E/D card の必要性を説明していました。しかしこのような会話は実際ではあまりないでしょう。

一人に余分な時間をかけてしまうと、混んでしまいます。入国の時に出国の注意をするのは、余計な事と考えられます。

E/D card に滞在日数や滞在先、滞在理由を書いていても、口頭でこれらの事を聞かれることがあります。

会話では滞在日数と滞在理由を聞かれましたが、滞在先は以下のように聞かれることが多いです。

Where are you going to stay? 

どこに滞在しますか。

色々聞かれ、返答に困ってしまうことも多いですが、5W1Hをしっかり聞き取れれば回答できるのではないでしょうか。それでも聞き取れない場合は、

Pardon

すみません

I beg your pardon 

すみません、もう一度言ってもらえますか

と聞いてみて下さい。

日々変化する各国の入出国状況

EUに関する知識も、年々変化しています。

もともとEUの始まりは、第二次世界大戦後、1951年にフランスとドイツ間での石炭鉄鋼の共同市場化、EEC(欧州経済共同体)が始まりです。

この時にオランダ、ベルギー、ルクセンブルグも加わり、西ヨーロッパでの経済の自由化が始まりました。

ここからどんどん名前も性質も改良され、EUとなった現在では、2017年現在では28ヶ国が加盟する欧州連合となりました。

【イギリスのEU離脱】

そしてイギリスは2016年の国民投票でEU離脱が半数以上を超え、2017年3月末にEUに離脱を正式に通告しました。

普段行きなれた場所でも、常に状況は変化しています。知っている国だから、と確認を怠らず、到着直後に「知らなかった!」が無いよう入出国に関する知識の更新をしておきましょう。

 それではまた、See You!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP