独学で英語の勉強/英会話教室S1

ブログ

イギリスの全寮制学校入学に必要なガーディアン

こんにちは。近年イギリス在住者以外で、子供がイギリスの全寮制学校に通う家が多くみられるようになりました。

映画のイメージでは、制服をきっちりと着用し、寮で友達と暮らしながら自主性が育つ。といったスクールライフが浮かぶのではないでしょうか。

全寮制の学校

さて全寮制の学校とあれば、入学さえしてしまえばなんとかなると思いますが、イギリスはそうではありません。

学生ビザを取得して入学試験に合格できても、もう一つ法的に必要なものがあります。何が必要なのか、竹井夫人とリード夫人の会話をみてみましょう。

会話

Mrs. Takei: Hello, Mrs. Lead.  Thank you for inviting me.

こんにちはリードさん。招待してくれてありがとう。

Mrs. Lead: Hello, Mrs. Takei.  I’ll introduce you Ayaka to you.  She is staying here for 2 month during the summer vacation.

こんにちは竹井さん。アヤカを紹介しますね。彼女は夏休みの2週間、ここに住みます。

Ayaka: Nice to meet you Mrs. Takei.

初めまして、竹井さん。

Mrs. Takei: Nice to meet you, Ayaka.  Are you coming here for studying abroad?

初めまして、アヤカさん。あなたは留学でここに来ているのですか?

Mrs. Lead: She is going the boarding school and I’m doing her guardian. 

彼女は全寮制の学校に通っていて、私は彼女のガーディアンをしているの。

When the student who does not live in England enters the boarding school, she or he needs to have guardian.  It is demanded legally.

イギリスに住んでいない学生が全寮制の学校に通うには、ガーディアンがいなくてはいけないの。これは法的に求められているものなのよ。

Mrs. Takei: I didn’t know that guardian system.

そのようなガーディアンのシステムを知りませんでした。

Mrs. Lead: I heard that system when I’m checking about the school of my daughter, Lorna. 

私の娘ローナの学校を調べている時に、そのシステムを聞いたの。

I thought it is good for me to be Guardian, because we can get good influence by the students.  So I entered Guardian Network.

彼らから良い影響を得られるから、ガーディアンになることはいい事なのだわと思ったのよ。だからガーディアンネットワークに入ったの。

Mrs. Takei: That is good system.  I will check that guardian system, too.

それはいいシステムね。私もガーディアンシステムを調べてみるわ。

イギリスで全寮制の学校に入るには「ガーディアン」という後見人をイギリス国内に見つけることが必要なのです。

ガーディアンは親の代わり

法的に要求されているガーディアンといっても、無料ではありません。年間に支払う費用もあります。そこまでしてなぜ通わせるのか、と思う人も多いでしょう。

しかし全寮制の学校の中でも、”The Nine”とい呼ばれる超名門校があります。他にも14世紀に創立されていた古い学校もあり、イギリスの王子や名官僚に俳優も多くこれらの学校を卒業しています。

ここでは学問は当たり前のこととして、世界中の物事や考え方を、経験を通して学ぶことができます。つまり世界の教養を身に付けることができるのです。

今の時代日本国内だけではなく、海外でも生きていける能力が必要となります。こういった未来を見据えて、イギリスの全寮制学校が人気であることがわかります。

全寮制とはいえ、やはり親の許可や管理も必要です。例えば校内で配られるプリントや行動の許可証、それに長期休暇の送り迎えや滞在先などにはやはり親が必要になります。

しかし親がイギリスに住んでいない場合、これらに対応するのは難しくなります。その役目を担うのがガーディアンという存在です。

そしてガーディアンを見つける為に、ガーディアンネットワークなどの紹介所があります。そこを上手に利用して子供に一番合うガーディアンを見つけ、充実した学生生活をおくることができるといいですね。

それではまた、See you!

英会話S1

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで、中学英語をやり直せる無料のメールマガジン

  • 高校・中学英語をやり直したい
  • 高校・中学時代にもっと英語を勉強しておけば良かった
  • 必要な英語だけ勉強したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、読むだけでストレス無く高校・中学英語をマスターできるようメルマガにまとめました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

◆このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 最初が肝心!声にだして英語でアピールする方法!
  • 別れ際に使える【8つのフレーズ】とは
  • 【~さんではありませんか?】そんな時は迷わず英語で!
  • 英語で家族について話す時に知っておきたいこと

無料メールマガジン

 独学で英語の勉強/英会話教室S1英語で学ぶ:ニュージーランドの羊の毛刈り競争前のページ

英語で学ぶ:観光客を悩ませるオーストラリアの虫次のページ 独学で英語の勉強/英会話教室S1

関連記事

  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    寄付があたり前、アメリカの有名人

    こんにちは。天災が起こると国は特別なお金を使い、被災地を元通りにする手…

  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    傘をささないイギリス人

    こんにちは。日本では6月に入ると雨の天気が増え、梅雨の時期になります…

  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    英語で学ぶ:ニュージーランド人にとってのキウイ

    こんにちは。日本のスーパーでは最近、バナナと同じように1年中目にする…

  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    世界で愛されるイギリスの蒸気機関車

    こんにちは。世界中で物流が盛んになった理由の一つに、鉄道の発達があり…

  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    世界共通語の英語

    こんにちは。日本では第二言語の習得は、英語が多いです。そして義務教育で…

  6.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    ブログ

    アメリカが産んだスーパーパフォーマー「マイケル・ジャクソン」

    こんにちは。アメリカでは誰にでもビッグになれるチャンスがあり、そのチャ…

新着英会話レッスン

  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1
  1.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    旅行英会話

    バレンタインデーの日本とアメリカとの違い
  2.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    英会話講座

    オンラインレッスンで英会話
  3.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    日常英会話

    アメリカの入浴 する常識・しない常識
  4.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    日常生活での英会話

    都合の良い日時を決める
  5.  独学で英語の勉強/英会話教室S1

    英語でビジネス

    英語で打ち合わせ
PAGE TOP