グルメ・食文化

イギリスで一番美味しい料理は朝食

こんにちは。イギリスで一番美味しい料理といえば、「イングリッシュ・ブレックファースト」だと言われています。

こちらは正確には「フル・ブレックファースト」という名で、グレートブリテン島およびアイルランドで食される朝食です。

栄養満点の朝食

名前の「フル」が「イングリッシュ」になっているのは、イングランドで食べられる朝食を意味します。

同様に、スコットランドでの朝食は「スコティッシュ・ブレックファースト」、アイルランドでは「アイリッシュ・ブレックファースト」と名前を変えていきます。

しかし、なぜ「イングリッシュ・ブレックファースト」だけこうも有名になったのでしょうか。

理由の1つとしては、イギリスには他に美味しい料理がなく、栄養満点の朝食が一番ということもあります。

では「イングリッシュ・ブレックファースト」とはいったいどのような朝食なのでしょうか。

会話

奥さんを「イングリッシュ・ブレックファースト」が食べられるホテルに連れて行った竹井さんと、その場所を紹介してくれたミルズさんの会話をみてみましょう。

Mrs. Mills: Good morning Mr. Takei.  Did you have a nice “English Breakfast” in the weekend?

おはようございます、竹井さん。週末に楽しい「イングリッシュ・ブレックファースト」の時間が過ごせましたか?

Mr. Takei: Good morning.  We had a wonderful breakfast yesterday.  Thank you for your advice.

おはようございます。昨日は素晴らしい朝食を取れましたよ。アドバイスをありがとうございます。

Mrs. Mills: So, how did your wife feel about it?

それで奥さんは「イングリッシュ・ブレックファースト」についてどう思われましたか?

Mr. Takei: First of all, she had a relax time in the morning.  Because, she doesn’t have to prepare the breakfast.

最初に、彼女は朝にリラックスできる時間がありました。朝食を準備する必要がありませんでしたから。

Mrs. Mills: Every wife feels the same!

ほとんどの奥さんが同じことを思いますよ!

Mr. Takei: Also, she enjoyed a lot with having many dishes.

あとは、彼女はたくさんの料理をたべることでとても楽しんでいました。

Mrs. Mills: What did she like the best?

彼女は何が一番好きでしたか?

Mr. Takei: She loves poached egg, very much.  It is very popular in Japan, but she had no chance to eat it.  And now, she is into it.

ポーチド・エッグがとても好きです。とても日本に人気なのですが、食べる機会がありませんでした。今はそれに夢中です。

Mrs. Mills: Then did she have any hard dish to eat?

では何か苦手な料理はありましたか?

Mr. Takei: Yes, she couldn’t eat up the black pudding.  It was a bit strong taste for her.

はい、彼女はブラック・プディングを全て食べる事ができませんでした。彼女には少し味が強かったようです。

Mrs. Mills: I see, not every English like it, including me.

なるほどね、私を含めてすべてのイギリス人が好きなわけではありませんし。

Mr. Takei: I like it.  I thought if I could drink beer with it.

私は好きですよ。これと一緒にビールが飲めたならと感じました。

Mrs. Mills: Above all, you should better to take her to “English Breakfast” sometimes.

つまりは、奥さんをたまには「イングリッシュ・ブレックファースト」に連れて行ってあげなくてはなりませんね。

「イングリッシュ・ブレックファースト」はヨーロッパで食べられる夕食、フル・ディナーのように様々な料理が出てくる朝食なのです。

ポイント

では、会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • she is into it 彼女はそれに夢中です。
  • hard dish to eat 苦手な料理
  • black pudding ブラック・プディング

血液を材料として加えたソーセージであり、見た目が黒く強い癖があるのが特徴

「イングリッシュ・ブレックファースト」の中身は朝食にしてはとても重く、一杯の紅茶かコーヒーから始まり、お粥、シリアル、フルーツ、卵料理、肉料理、魚料理に野菜そしてパン、スコーン等すべての料理が含まれます。

イギリス人作家もすすめる朝食

さて最初に説明した理由とは別の理由は、イングリッシュ・ブレックファーストをこよなく愛したイギリスの作家、「ウィリアム・サムセット・モーム」、”William Somerset Maugham”が発言したこの言葉でしょう。

To eat well in England you should have breakfast three times a day.

イギリスで美味しいものをたべるならば、朝食を三度食べればいい。

なかなか心にくる発言です。日本のホテルでも多くの場合、朝食ではビュッフェが用いられてプチ「イングリッシュ・ブレックファースト」のようですが、イギリスのように昔からある伝統とは違います。

イギリスに行った際にはお腹と相談して、一度きちんとした「イングリッシュ・ブレックファースト」を食べてみるのもいいかもしれません。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP