英語でビジネス

アメリカ製品は安くなるか高くなるか?

こんにちは。大統領によって、国の方向性が大きく変わるのがアメリカです。トランプ大統領は、独特のカリスマ性があり、まさに大国らしく世界中を引っ掻き回しました。

ニュースで聞く事案は、普通に生活する日本人には関係ないのでしょうか。

アメリカのTPP離脱

2019年1月現在、輸入税の関係でアメリカと中国は大きな貿易戦争をしています。それぞれ相手国からの輸入品に高い関税をかけ、国民が購入しにくい値段にしています。

対象となる製品は精密部品や機械製品などで、遠回しに日本にも影響がきますが、関連している会社にいない人にはピンとこないでしょう。

ところがこの関税の問題、実は2017年にTPPを離脱するといった時点で、日本人のお財布に大きな影響を与えます。今回は貿易や関税に関する英語を勉強してみましょう。

新分野挑戦の前の下準備

さて、新しい分野の勉強を始める時に大切なのが、日本語の専門用語の確認です。

基本的な数単語でも大丈夫なので日本語でしっかりと意味を理解し、その英語を始めに認識しておくことで、英語の文章がとても読み込みやすくなります。

では、貿易や関税に関わる英単語をはじめにみておきましょう。

  • 関税 Customs and Duty, customs, tariff
  • 貿易 International trade, trade
  • 輸入 import
  • 輸出 export
  • 自由化 liberalization
  • 協定 agreement

では、これらの単語を踏まえて、TPPの説明文を英語でよんでみましょう。

TPPとEPA

TPP(Trans-Pacific Partnership Agreement) is a multifaceted EPA(Economy Partnership Agreement) which is aimed to liberalize the economy between Pacific Rim countries.

環太平洋パートナーシップ協定は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定である。

(Wikipedia記載の説明文より英訳)

この例文より、”EPA”(経済連携協定)と”Pacific Rim”(環太平洋地域)が新しく出てきた単語だとわかります。そして「協定」という言葉がついている通り、貿易に関する単語は”EPA”だと想定できます。

では、”EPA”についての説明をみてみましょう。

EPA is a treaty, which include not only tariff elimination and reduction of non-tariff barriers that are the elimination of the trade barriers and it is the fundament of Free Trade Agreement. 

It also includes the lubricant of the economic business between contracting countries,

harmonization of the economic system and the promotion of strengthen the partnership and cooperation in various economic domains such as service, investment and electronic commerce.

EPAとは自由貿易協定の柱である関税撤廃や非関税障壁の引き下げなどの通商上の障壁の除去だけでなく、締約国間での経済取引の潤滑化、経済制度の調和、および、サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での連携強化・協力の促進なども含めた条約である。

(Wikipedia記載の説明文より英訳)

ここでも新たに、”tariff elimination”(関税撤廃)、”non-tariff barriers”(非関税障壁)などの貿易に関する単語がでてきました。

今回使用した例文では、輸入や輸出に関する単語は使われていませんでしたが、他にも貿易に関する話でしたらこの単語は良く使われます。

アメリカとはEPAで関税が決まる

さてTPPEPAも貿易関連が得意な人は知っていて当たり前の内容ですが、関わりのない人にとっては、日本文でも実に難しい内容です。

簡単に説明すると、TPPは環太平洋地域の国々全員で貿易の自由化を決め、EPAは締約国同士、つまり2国間で貿易の自由化を決めるということです。

2016年に日本とアメリカを含めたTPPが合意し、自由な貿易や投資が行えるところでしたが、急なアメリカの離脱で振りだしに戻ってしまいました。

日本とアメリカは1854年の日米和親条約以来特別な貿易の協定を結んでいません。これからは日本とアメリカのEPA交渉が始まる事になるでしょう。

「アメリカ・ファースト」の大統領に対して、日本がどれだけ頑張れるか期待したいところです。

しかしアメリカがたくさん輸出したいとうもろこし、たまねぎ、オレンジなどは今よりも値段が安くなる可能性が高くなりそうです。

主婦にとって食費が安くなるのはありがたいことですが、日本の農家に打撃を与えないよう、頑張って交渉をしてもらいたいものです。

それではまた、See you!

※今回は貿易の話の為、例文についての細かい説明は省略させて頂きました。

※この記事は2019年1月に執筆されました。

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で英語が習得できるメールマガジンはこちら

新着英会話レッスン

PAGE TOP